明日やろうはバカ野郎

神山くんがダイエットしているらしい。

 

ええっ!?っと思った。だって私は神山くんに対して、太っているとかちょっと丸くなったなとか、そういう感情を抱いたことがない。そんな彼が、ぶ誌で食事制限をしていると書いていた。マジかよ。炭水化物をしばらく食べてないらしい。マジかよ。

 

神山くんはストイックだ。負けず嫌いで、意志が強くて、やると決めたら何が何でもやり通す強さを持っている。対して私は自分に死ぬほど甘い。時間にルーズだし、片付けは苦手。やらなきゃいけないことをすぐに後回しにする。神山くんの座右の名が「明日やろうはバカ野郎」だったときはゾッとした。なんてったって私はど~~~う考えてもバカ野郎側だからです。

 

最近は小瀧くんも役作りでダイエットをしている。小瀧くんのチャームポイントともいえるまんまるなほっぺはシャープなラインへと変わり、全然太ってなかった小瀧くんですら痩せるとここまで変わるのかと思った。というかしゅっとしすぎて心配にすらなった。お仕事とはいえ、ここまで自分を追い込めるのは素直に凄い。

 

私は意志が弱い。継続して何かをやり遂げられた記憶がない。ダイエットだって何度も挑戦しては挫折している。

大体しょ~もない理由だった。なかなか体重が落ちなくなったとか、日課にしていたのに一日飛ばしてやる気がなくなったとか、外食が続いてどうでもよくなったりとか。たまに痩せてもなんやかんやで戻る。自分の努力が足りないことを棚に上げて、そのくせ口では痩せたいと言い続けていた。

ぶ誌を読んで初めて心からそんな自分が恥ずかしくなった。神山くんも小瀧くんも、私より死ぬほど忙しいはずなのに頑張っている。彼らのストイックな体型管理を私のような人間と同列に並べるのは違うと分かっているけど、それでも純粋に尊敬してしまったのだ。そして、出来れば彼らのようになりたいと思った。やり遂げてみたいと。

 

世の中にはかわいいものが溢れている。私も女のはしくれなので、かわいいものは好きだ。可愛い洋服、可愛いコスメ、可愛いアクセサリー、可愛いアイテムは無限にあって、でも私にはそれが似合わない。

そもそも洋服が入らなかったり(ボトムを試着するとき、毎回怖い)、買ってはみるけど、家に帰ってそれを着た自分を見てなにか違うなと思ったり。それでその服をタンスの奥底にしまって、いくつも持っている同じような服をまた着るのだ。ガウチョとか、ロングスカートとか、あまり体型の出ないものを。

そうやって、引き出しの一番下に、着てあげられないかわいそうな服が溜まっていく。痩せたことがないから分からないけど、痩せたらこの可愛い洋服を、本当の意味で可愛く着てあげられるのではないかと思った。(そもそも顔面がとか、そういうはなしはとりあえず置いておいて)

 

やせてぇな~~~って横になってぼんやり思うんじゃなくて、行動します。痩せます。そしてこれで最後にします。

 

ということで、逃げ場を作らないように今の気持ちをここに記しておきます。これで早々に諦めてうだうだしていたらぶん殴ってあげてください。いや知らねえよって感じだよね!ごめんね!久々の更新これかよってね!興味ないと思うけど結果はちゃんと書くから!すみませんでした!

 

以上。オタク、自担に影響を受けるの巻でした。

 

怪盗団"WEST"

近頃世間を騒がせている謎の怪盗集団。一般市民から大人気の彼らは、弱者から金を巻き上げる悪党だけをターゲットにその財産を盗み、貧しい人たちに分け与えているという。その手口は実に鮮やかで神出鬼没、彼らの姿を見たものはいない。相手を挑発するように必ず送られる犯行予告状の文体がなぜかいつも関西弁なことから、誰が呼んだかいつの間にか彼らはこうやって呼ばれるようになったーーー怪盗団"WEST"と!

 

 

みたいな話が見てみたいんですっていう妄想です。脳内がお花畑なのでこんなしょうもないことしか考えつきません。こいつは何を言ってるんだとゾッとした貴方、今すぐ逃げてください!!!!!恐ろしいことにこの先ひたすらこういう話が続きます。

 

 

メンバーは貧しい街の孤児院出身。ある陰謀により育った孤児院が潰されそうになった時、それに立ち向かい危機を脱したのがきっかけでこのような活動を始めた。今も孤児院にお金を送っている。普段はキャンピングカーで移動しながら暮らしている。快適に暮らせるよう改造されたキャンピングカーではあるが、七人はさすがに狭いため毎日てんやわんや。

 

モニタールームがあり、潜入先の映像や地図等が写し出されている。GPSでメンバーの位置もわかり、それを見ながら淳太くんがマイクを使って指示を出す形をとる。神山くんが使うコンピューターもそこに完備。主に特攻するのは重岡くん、流星くん、照史くん。情報収集メインは小瀧くん(照史くんも潜入が得意)、サポートを主にするのは神山くんと濵田さん。どんな悪人だろうと決して殺さないという信念を掲げている。

 

 

中間淳太

「ええな、段取り通りにいけよ」

怪盗団のブレイン。作戦を考えたり、この怪盗団を実質まとめているのは彼。個性豊かでバラバラなメンバーに頭を抱えながらも、ひとたび彼が指揮を執ると抜群のチームワークで華麗に任務を遂行する。天才的に人を使うのが上手い。メンバーの持ち味を何倍にも引き出すのが得意で、常に10手も20手も先を読んでいる。趣味はひとりチェス(周りが弱すぎて相手にならない)。なんやかんやで信頼は厚い。戦闘能力は皆無なので前線には出向かず、無線で指示を飛ばしている。一度前線に行った時ピンチに陥り、全力で足手まといにしかならなかったので二度と行くものかと思っている。指示を無視し勝手に暴走しがちな重岡くんには手を焼いている。

 

 (`-´) 「ま~たシゲルート逸れてんで」

(б∀б;) 「あんっのアホ……!なんで指示聞かへんねん!!!」

 

 

重岡大毅

「めんどくさァ。正面突破でええやん!」

 特攻隊長。止める間もなく勝手に走り出している。意外とがっちりした筋肉は日々のトレーニングの賜物。5時起き9時寝の規則正しい生活を心がけている。コスチューム作ろうや!や決めポーズ考えへん?等、突飛な提案をしては却下されている。武器は邪魔くさいから持たない主義。己の肉体が一番の武器だと思ってる。面白そうなところに引き寄せられるので、淳太君の指示を無視しがち。その度に怒られているが全く反省していない。戦っているときに掛け声をいちいち入れるのでうるさい。遠くから派手な爆発音とよっしゃ!!!次や次~~~!!!!とか聞こえたら大体重岡くんが大暴れしている。

 

 (^ヮ^=)「朝からする運動やっぱ気持ちええわ~!」

('・ェ・`) 「うっわ暑苦しっ。まだ6時やろ………」

 

桐山照史

「ヨユー。見かけ倒しやったわ」

いつも明るいムードメーカー。戦闘からスパイ活動までなんでもこなす。その人当たりの良さから行く先々で町の人と信頼関係を作れるために、動きやすさが格段に上がる。ややコミュニケーション能力に難がある怪盗団にとってなくてはならない存在。 指示を受ける前に淳太君の望んでいる、求めていることを本能的に理解して行動に移せる相棒ともいえる人。食事が大好きで人一倍食べる。食べている姿はとても幸せそう。基本的に標的となっている場所に一足先に潜伏しているので、外から重岡くんや流星くんが攻め込んでいる隙に、中からこっそりと任務を遂行する。完璧な変装でコスチュームは変幻自在。ホテルのボーイさんから、警備員、はたまた荷物の運搬業者まで様々である。仲間を誰より大切にしており、なにか危害を加えられたり侮辱されるとブチぎれ、手が付けられなくなる一面も。

 

(´◇`)「うっまぁ~!ほんっまに神ちゃんのご飯最高やな!おかわり!」

 ( θヮθ)「どんだけ食うねん!」

 

 

神山智洋

「残念やけど、そのトラップはもう解いてんで」

ハッカー。爆弾等の処理や武器の開発も得意。侵入先のセキュリティーが堅い場合、ハッキングして解除、防犯カメラの映像も映らないようにするなど、彼がいることによりよりスムーズに任務が行えるのである。基本的には淳太くんのサポートとして車に残るが、たまに戦闘にも参加。その場合は自分で開発した武器を使用。家事担当で毎日のご飯は彼が作る。料理の腕もピカイチで、メンバーはみんな彼のご飯が大好物。行く先々の市場での食材調達が趣味。音楽への造詣も深く、ギター片手によく歌っている。

 

 (`-´) 「流星ソファーで寝んといて!風邪引くで!シゲ!食器片せって言うたやろ!」

(б∀б)「なんか最近益々オカンみたいやな……」

 

藤井流星

「……始まったら起こして~」

超がつくほどのマイペースで普段はとにかく寝ている。リビングのソファーは彼の定位置。眠りを邪魔すると不機嫌に。起きていても大体はぼんやりしているので、話を聞いていない事が多い。超パワー系で力の加減が出来ずにぶっ放すので、何度かそれが原因で戦闘部隊は生き埋めになりかけている。足技メインの戦闘スタイルで、気分が乗ってくると鼻歌を歌いながら敵を殲滅する。すごく動物に好かれる。フラフラとどこかに出掛けては、小鳥や野良猫などを連れて帰ってくるので淳太くんに怒られる。

 

 (б∀б) 「飼えへんて言うたやろ!そんなスペースどこにあんねん!」

(ノノ_☆) 「勝手についてくんねんもん」

 

 

濵田崇裕

「ほんならちょっとあいつら拾ってくるわ」

銃やボウガン等の遠距離攻撃や対象者の長時間の監視、戦闘後の証拠隠滅など、ことあるごとに暗躍しているのが彼である。たまにヘマをしたメンバーを助けるのも彼。普段は心優しいお兄さんで、子供に好かれる。行く先々で子供たちとなぜか仲良くなり、暇な時間はサッカーをしたり鬼ごっこをしたりとよく遊んでいる。趣味の釣りではたまに釣果を持ち帰っては、その日の晩ごはんになったりもしている。神山くんは食費が浮いたと大喜び。特技はマジック。そのためにトランプを持ち歩いているが、たまに攻撃に使うことも。何があってもターゲットを殺さないというチームのルールを甘いと思っており、実際に戦闘の時はかろうじて殺しまではしないものの情け容赦なく徹底的に相手を痛めつける。ただし、他のメンバーにそういうことをしてほしいという訳ではなく、手を汚すのは自分だけでいいと考えている。

 

(^ヮ^=)「どしたん濵ちゃん、泥だらけやん!」

 ( θヮθ) 「子供と遊んでたらめっちゃ汚れてててん……また神ちゃんに怒られる……」

 

 

 

小瀧望

「俺そういう物騒なん苦手やねんけど~」

甘いマスクに高身長、抜群のスタイルを誇る最年少。甘え上手で天性の人たらしの才能が有り、特に年上からは男女問わず可愛がられる傾向にある。女性が大好き。ストライクゾーンもバリ広い(本人談)。そんな特性を生かして主に情報収集を行う。女性の元に送り込めば、ほぼ100%の確率で重要な情報をGETしてくるが、任務の途中でお気に入りの女の子をナンパしちゃいがち。身体能力は高いが戦闘は好きじゃない。体力もあまりないうえ、血とか痛いのとかマジ無理な現代っ子。普段は軽薄でヘラヘラとしているが、本当は家族同然の仲間達を誰より大切に思っている熱い男。

 

 (´◇`) 「ま~た仕事中に別の女の子捕まえたんやって?淳太くんキレてたで」

 ('・ェ・`)「やってかわいかってんもん♡」

 

 

 

 

みたいな感じのやつ。びっくりするほど趣味丸出し。WESTさんがわいわいガヤガヤ生活しながらも、世間にはびこる悪を切る、痛快!勧善懲悪ドタバタアクションコメディー!みたいなのが見たいっていうだけなんだ……。

それにしてもマンガみたいにそれぞれキャラ立ちしてるからこういう突飛な妄想めちゃくちゃしやすくて、改めてWESTさんのポテンシャルの高さに感動しました。とりあえず濵ちゃんにすぐ闇を持たせたがる病気をどうにかしたいです。おしまいっ。

 

 

 

 

 

日常生活で巡り会いたいっていう話

前回のブログに予想外の沢山の反応を頂きまして、驚いています。完全に自分の中で盛り上がっていたことに、共感してくださる方がいたこと、興味をもってくださった方がいたこと、とっても嬉しくて、なんていうか書いて良かったなぁと思いました。読んでくださった方、ありがとうございました。少しでも面白がってもらえたのであれば幸いです。

 

 

さぁ!私の脳内の妄想をまき散らすお時間です。日常生活にWESTさんがいたらどんだけ楽しいだろうかと、春の陽気も相まってまぁまぁ浮かれながら考えたら、思いのほかクセが強いんじゃ~~~(Special Thanks ノブ)

 

 

①神山くん

神山くんはよく行く洋服屋の店員さん。そのお店で気に入った洋服を見つけて、試着したいなぁと思って辺りを見渡すんだけど、よりによって男性店員さんだけで、しかもド派手な金髪にごついアクセサリー。ちょっと話しかけずらいな…試着諦めようか…と思っていたら、向こうから気づいて話しかけてきてくれる。

「ご試着ですか?」見た目からは想像も出来ないくらい柔らかい話口調と優しい笑顔で少し呆気にとられる。「あ、違いました?すいません…」「ごめんなさいちょっとびっくりしちゃっただけで…!試着お願いします」って伝えると「こんな見た目やしちょっと怖いですよね~、友達とかにもよぉ言われるんですよ」って照れくさそうに笑うから、ギャップにやられる。

 

しばらく経ってまたそのお店に行くとこないだも来られてましたよね?って話しかけられて、完全に顔見知りに。いつの間にか名前も覚えられてお店に行くたびに○○さん!って声かけられるようになる。

おすすめの甘いものの話とか美容の話とか(神山くんはとんでもなく女子力が高かった)、たわいもない話もするし、神山くんが関西出身っていうことも知る。もちろん服の相談も。神山くんは相談には乗ってくれるけど、押し売りは絶対にしない。「前回なんやったっけ…白いブラウス買ってましたよね?やったらこれよりはこっちかなぁ…」とかなんとか。出来る子。買った服を買ったお店に着て行くとなんか気恥ずかしいからあんまりしたくないけど、神山くんめちゃくちゃ喜んでくれるからついつい着て行っちゃう。

 

お店からくるセール告知とかのはがきにも神山くんからメッセージ。

“いつもありがとうございます!またかわいいのたくさん入ったんで、遊びに来てください!待ってます 神山 ps.こないだ教えてもらったカフェ、行っちゃいました(笑)”

営業上手~~~!!!!!軽率に行く。

 

そんなある日、お店に行くといつものように神山くん。あ、○○さんこんにちは!って挨拶してくれるけど、なんだか元気がないので「どうかしました?」って聞くと、「実は今月末で異動なんです」って衝撃の事実を告げられる。「えっ!?どこですか?」って聞くと、そうそう簡単に行けそうもない県外。

「この店ほんまみんな優しいしめっちゃ楽しかったんで寂しいです。○○さんもおったし」とかちょっと引っかかることを言われてもやもやしたい。「ラスト出勤30日なんで、もし良かったら来てください」なんていうものだから軽率に行く(二回目)

 

一応お菓子を持って、神山くんに組んでもらったコーディネートでラスト勤務のお店へ。「わっ!ほんまに来てくれたんですね!ありがとうございます~!」って笑顔でこっちに向かってくるから、慌ててお菓子を渡す。

「えっ、わざわざ?すいませんありがとうございます!しかもこれこないだ言ってたお店のやつ!」「食べたことない~って言ったから買うてきてくれたんや?えっ、めっちゃ嬉しい」そんなに喜んでくれるなら買ってきて良かったなと思いつつ、いつも通りに服を買い、いよいよお別れに。

 

「寂しくなりますね~、新しいお店にも来てくださいって言いたいところですけど、そんなに気軽に来れる距離ちゃうし」ってやっぱりしんみりムード。「春先からめっちゃ大活躍すると思いますよ、そのスカート。でももう○○さんが着てるのも見られへんのかぁ。着てきてくれるのホンマ嬉しかったです」「いやいやそんな!本当に神山さんが選んでくれた服友達とかにも評判良くて!こちらこそありがとうございました!」そして気まずい沈黙が流れて。耐え切れなくなって、「じゃあ、私そろそろ」って言おうととしたら、

「待って。あの、迷惑やったら全然言ってください。○○さんともう会われへんって考えたら嫌やなって思ってしまって。コレ、良かったら連絡ください。待ってるんで」っていって連絡先渡されるんだけど、連絡するかしないかはこちら側に委ねてくるのに、待ってるとか言ってくるあたりがズルい。速攻連絡します。

 

②濵田さん

 

バスの運転手~!そして私は高校生という多方面から怒鳴り込まれそうな設定で行きたいと思います。春なんで許してください…。

 

登校には多少早い7時のバスに乗る理由は、濵田さんがいるから。そもそも濵田さんを意識したのは3か月前、いつものように定期を出そうとしたらなぜか見当たらない。焦って鞄を漁るけど当然そこにもなくて。

朝のピリついた時間、後ろに並ぶ客からは早くしろよオーラをビシバシ感じる。しょうがないいったん降りよう…そう思った時「いつもこの時間乗ってる子やんな?定期忘れてもうたん?ええで乗って」と優しい声。それが濵田さんだったんだよね…。

 

次の日、同じ時間のバスに乗って昨日のお礼を言ったら、「あ~!学校間に合ったかぁ~?次は気ぃつけや~」と笑いながら言ってくれて、完全に憧れの人に。それから毎朝同じ時間に乗るようになって、挨拶をしあうように。たまに「お、今日髪型ちゃうなぁ!似おてる似おてる!」とか言ってくれるもんだから惚れてまうやろ~!!!

 

卒業の時になって、もうこのバスに乗ることも無くなるからどうしても濵田さんに感謝と思いを伝えたい!と思って手紙を書いて、高校生活最後のバス乗車。死ぬほど緊張しながらバスに乗ると運転手が濵田さんじゃないというまさかの事件が。最後の最後にこれって…。って思いながら、届けることすら出来なかった手紙をそっと鞄にしまって、そのまま上の空で卒業式に。無事に卒業はできたけど全く心は晴れない。

 

ホント持ってないなぁ…ってとぼとぼ帰りのバスに乗るんだけど、なんとその運転手が濵田さん。えっ!なんで…!?って混乱する頭で、とりあえずおはようございます…って挨拶すると、「んっ?お~、めっずらしいな~!帰り?今日病欠が出て俺急遽昼勤務やねん」って言われる。

「もしかして卒業式やった?」え、なんでわかるんですか!?って言うと、式でもらったコサージュが付いてる制服の胸ポケットの部分ちょんちょんって指されて、「いやめっちゃアピールしてるやん!」って笑う。

外すことをすっかり忘れてたことに赤面しつつも、濵田さんに出会えたことに喜びを隠せなくなるし、多分にやつきが止まらない。そして下車の時間。お世話になりました!これ読んでください!って言ってダッシュで手紙渡して逃げるよね…。

 

これで終わって淡い初恋で美しい思い出に残ってもいいし、後日濵田さんから呼び出されて「手紙ホンッッマ嬉しかったわ~!ありがとう!でもこんなおっちゃん相手にしたらあかんで~、もっとええ人絶っ対おるから。な!」ってナチュラルに躱されてもいい。気持ちに気づいてるのにあえていつも通りに接してほしい。濵田さんから子ども扱いされて全く相手にされないっていうのが好きです、罪な男…。

 

③重岡くん

重岡くんはなんてったって大学の同級生だよ。ゼミが一緒の。で、ゼミの仲良し男女六人組ぐらいでシゲのバイト先行かない?って悪乗りを初めて、私も例にもれず乗る。重岡くんのバイト先はガソリンスタンドなんだけど、みんなでこっそり見に行くと普段のおちゃらけた姿からは想像も出来ないぐらい真面目に働く姿にキュンとくるわけだ。で、まぁ案の定重岡君にバレて、ばつの悪そうな顔しながらお前らァ~~~!!ってキレられたい。

そしたらしばらくして、私のバイト先(スーパーのレジ打ちとか)に突如重岡君が現れる。「いらっしゃいマッ!?」「お願いしまぁ~す」「は、まってなんでいんの」「どういう口のきき方やねん、客やぞ」とか言われる。「お前みたいなやつでも働けんねんなぁ~~~」とかめっちゃくちゃ失礼な事言われるし、制服姿上から下までまじまじ見られてめちゃくちゃやりずらい。

「こないだの仕返しじゃば~かば~か!!!」「どうや!見られる気持ちは!!!お前らは面白がってたけどなぁ、めっちゃ恥ずかしいねんぞ!!!」めちゃくちゃ茶々入れられながらなんとか会計終わらせるんだけど、さっき会計したばっかのジュースをポンってレジ台の上に置かれるんだ。

「?なにこれ」「やる」「は?」「…まァ~~~、お前にしては?頑張ってるやんけ。お疲れェ」とか言っていたずらっぽく笑って片手上げて颯爽と去るでしょ。実はレジに来る前からずっと仕事してる姿見てたってやつです…。好きになるよな…。

 


ジャニーズWESTがいる新生活、どこですか?

 


 

Berryz工房とジャニーズWEST

 

ジャニオタになってから数カ月が経ちました。やばい、ジャニーズWEST、好きだ。と自覚してから転がり落ちるように沼にはまり、形から入るタイプの私が勢いで始めたツイッターはてなブログ。好きになったはいいものの知らないことが多すぎて、とにかくなんでもいいからWESTさんについて知りたい!と知識欲の化け物と化した私の救世主であり、ありとあらゆる情報が瞬時に入ってくるこのSNS社会に全力で感謝しています。あ~~~地球に生まれて、良かった~~~!!!

 

そんな私ですが、WESTさんのファンになる前からずっと応援していたグループがあります。Berryz工房をご存知でしょうか。Berryz工房が分からなくてもももち、こと嗣永桃子さんだったら分かるって方もいらっしゃるかもしれません。

 

Berryz工房は2015年3月3日、無期限の活動停止に入りました。今現在メンバーは個々でそれぞれ活動をしています。第2のアイドル人生を送ったり、後輩の育成に携わったり、女優として活躍していたり、語学留学していたり…。本当に様々に、自分たちのやりたかったことや興味のあったことにチャレンジしています。

 

それでですね、私が何を話したいかというと、

 

Berryz工房ジャニーズWESTって似てない???

 

何を言ってるんだとお思いでしょう、自分でもよく分かってない。妄想力豊かなかわいそうな兼オタの戯言だと思って流してください。それでも読んでくださる方、今から書くことは多分このブログを書き始めて史上、一番自己満足かつど~~~でもいい内容になるかと思います。最初に謝っておきます。ごめんなさい。

 

 

 

①人数とメンバーカラ―

なんと全く一緒なんです!分かりやすく色と共にメンバー紹介をしたいと思います。(外枠の色がメンバーカラ―になります)

 

f:id:ofm0000:20170327115055j:plain

 

Berryz工房のキャプテンであり、ダンスでは右に出るものはいない清水佐紀ちゃんと、ジャニーズWESTのブレイン担当、奥さんのアイドル中間淳太くん。2人の共通点と言えば、互いに最年長であり、グループのまとめ役ということではないでしょうか(佐紀ちゃんはキャプテン)。ツッコミ属性だし、ブログの更新(淳太くんは内容)がすっごくマメな所も似てる。あとこれはめちゃくちゃ個人的な印象ですが、自分のファンに対して一途さを求める感じも(浮気ダメ、絶対)どことなく似ているように思います。でも2人ともそれをガッツリ返してくれるから素敵。

 

f:id:ofm0000:20170327115127j:plain

 

みんなのアイドル、今日も可愛いももちこと嗣永桃子ちゃんとジャニーズWESTの末っ子、今日も可愛いのんちゃんこと小瀧望くんです。とりあえず共通点はかわいい。あとこの2人はとっても頭の回転が早い。急に何か言われた時のコメントの切り返しが天才かと思うことが多々あります。割と悪乗りしたがるところも似てる。でも身長だけはグループ最低(149.9)と最高(184)なんだなこれが~!足がめっちゃくちゃ長い小瀧くんに対し、ちょっと人より足がコンパクト(本人談)なももちが並ぶ姿、死ぬ前に見たい。

 

f:id:ofm0000:20170327115153j:plain

 

はっちゃけ担当、徳永千奈美ちゃんとぽっちゃり担当桐山照史くん。スレンダーな千奈美ちゃんと体型こそ正反対ですが(笑)、2人ともよく食べる。そして笑顔!この2人の笑顔は周りを明るくさせる力があります。笑い声を聞いてると自然とこっちも笑顔になってくる。笑うと目が無くなっちゃうのも可愛い。そしてたれ目。あと歌声が特徴的かな。CDとかで聞くと、例え聞いたことのない曲だったとしてもこの2人の声は一発で分かります。

 

f:id:ofm0000:20170327115211j:plain

 

Berryzの母こと須藤茉麻ちゃんと、その見た目からは想像できないド天然の藤井流星くん。ビジュアル担当。2人ともものすごく整ったお顔してます。そして高身長声が低めなのも共通してるかな。グループでいるとそんなにガツガツ前に出て喋るようなキャラではない2人ですが、秘めている芯がしっかりしているところも似てるなぁと思います。

 

f:id:ofm0000:20170327115235j:plain

 

このお2人はやはり歌唱力ではないでしょうか~!どんな曲調でも抜群のセンスで歌いこなす夏焼雅ちゃんと、曲の雰囲気によって器用に歌い方を変える濵田崇裕さん。ずば抜けてバランス感覚が良い2人だなぁと思います。ダンス等も含め、アイドルスキルやパフォーマンスの面では個人的に一番グラフにすると平均値が高いんではと思っています。あとカースト最上位感しかない雅ちゃんと、爆モテリア恋枠である濵田さん、それなのにファンにものすごく優しいのも共通してる。

 

f:id:ofm0000:20170327115256j:plain

 

アイドル界のスカイツリーこと熊井友理奈ちゃんと、奇抜チビこと神山智洋くん。1993年生まれで同い年。ここもまたグループ最高身長(181)と最低身長(170.5)コンビなんです。そう、熊井ちゃんはめちゃくちゃデカい熊井ちゃんと並ぶ神山くん、見たい。王様のブランチにどうにか出てほしい。そして流星くんとタメを張るレベルの天然です。共通点はくしゃっとした笑顔と、ほわ~んとした雰囲気がどことなく似てる気がします。あと2人とも韓国が好き

 

f:id:ofm0000:20170327115322j:plain

 

グループ最年少菅谷梨沙子ちゃんと、歯が多いでおなじみ重岡大毅くん。この2人といえばやはりセンターであることではないでしょうか。パフォーマンス中に急にはっちゃけたかと思えば、今にも消えそうな儚げな表情で歌ったり、つかみきれない魅力があるなぁと思います。根が真面目な感じ、ストイックでこうと決めたら絶対にこう!という強い意志も共通しているかも。

性格だけでいうと、流星くんと熊井ちゃん(ド天然コンビ)と神山くんと茉麻ちゃん(メンバーのオカン)の青色緑色シャッフルもグループ内の立ち位置が似ていて面白いなぁと思いました。

 

 

②いい意味でアイドルらしくない

これは少し女子アイドルの世界観に引っ張られている書き方かもしれませんが、女子ドルといえばやっぱり“黒髪で清楚”というのが王道になると思います。だがしかし。Berryz工房さんを見てください。

 

f:id:ofm0000:20170327151039j:plain

 

強そう。同時期のハロプロの他グループと比べてもかなり派手。もはや派手すぎて威圧感すら覚える。これはWESTさんにも言えて、髪色の変化がとても激しい神山くんは勿論、最近では流星くんや小瀧くんもかなり髪色で遊ぶようになっています。Berryz工房梨沙子ちゃん、雅ちゃんはかなり髪色を頻繁に変えていて、二人ほどでないにしても佐紀ちゃんも毛先に赤を入れたり結構チャレンジしていた印象です。黒髪を貫いたメンバーは茉麻ちゃんとももちだけでした。

見た目だけではなくて、アイドルなのに全力で笑いを取りに来るところや、お仕事に対する姿勢もどことなく似ているのではと思います。(後述します)

 

③やってることが一緒

これが書きたいがためにこのブログを書いているといっても過言ではない。まずは画像を見てください。

 

f:id:ofm0000:20170327101348j:plain

f:id:ofm0000:20170327094944p:plain

 

f:id:ofm0000:20170327101448j:plain

f:id:ofm0000:20170327101941j:plain

 

f:id:ofm0000:20170327105831j:plain

f:id:ofm0000:20170327105910j:plain

 

f:id:ofm0000:20170327114156p:plain

f:id:ofm0000:20170327114431j:plain

 

f:id:ofm0000:20170327102040j:plain

f:id:ofm0000:20170327101739j:plain

 

f:id:ofm0000:20170327110009j:plain

f:id:ofm0000:20170327105938j:plain

 

f:id:ofm0000:20170327111307j:plain

f:id:ofm0000:20170327101455j:plain

 

えっ一緒じゃない…???(錯乱)

Berryz工房は“”真剣にふざける”というテーマというか、信念みたいなものを持っていて、普段ははっちゃけてるのにやるときはビシッと決めるという、そういう緩急がめちゃくちゃかっこいいなと思ってるんですが、WESTさんにも同じ雰囲気を感じるんです。ふり幅の広さ。二枚目は勿論の事、三枚目も出来て、おまけにそれを一切の迷いもなく全力でやり切る潔さ。あとこれは、どのグループのファンの方も同じだとは思うんですが、信じられる。この人たちに着いていけば絶対に楽しいし、実際ライブとかに行くと私は間違ってなかった!やっぱり楽しい!って素直に思える。私にとってそれがBerryzとWESTさんでした。本人達が面白い、楽しいと思うことを全力でやって、一番楽しんでいるのはやっている張本人なのが見ててこっちまで楽しくなってくるし、見てるだけでも幸せになれる圧倒的な陽のパワーを持ってるな、と思います!

 

他にもマントをいじられる最年長とか

f:id:ofm0000:20170327101641p:plain

f:id:ofm0000:20170327102049j:plain

グループ最長身がセンターの千手観音とか

f:id:ofm0000:20170327124623j:plain

f:id:ofm0000:20170327123844j:plain

被り物?着ぐるみ?も全力でやるところとか

f:id:ofm0000:20170327114629j:plain

f:id:ofm0000:20170327114520j:plain

パリピポのサングラスかけるBerryz工房さんとか

f:id:ofm0000:20170327101631j:plain

f:id:ofm0000:20170327101913j:plain

f:id:ofm0000:20170327101650j:plain

 

なんか色々ありました。なんていうかこじつけでもこんなにあると運命感じちゃう系オタク~~~!!!!

 

③歌ってほしい曲たち

そしていくとこまできた拗らせオタクは、こう思いました。

ベリ曲、歌ってくれないかな…。

ここまで行くと末期です。冗談抜きで一日中考えてました、最高に楽しかった。

【WESTさんに歌ってほしいBerryz曲】

youtu.be

サルの全身タイツでPVを撮るという、それは女子アイドルとして大丈夫なのかと若干心配になる曲。ラキセのおサルつなぎでお願いします。 2番の赤ちゃんモンキーのところで最高にかわいこぶる小瀧くんが見たいのと、ヤンキーモンキーでカメラにめっちゃガン飛ばすWESTさんが見たい。上向いて~ってとこは是非とも淳太君に若干照れ笑いしつつやって欲しい。多分サビの頭振る振り付けは途中から濵田さん神山くん辺りがおかしくなって首取れるのでは???ってぐらいブンブン振る。

 

youtu.be

お祭り~!って感じの曲。とにかく盛り上がるし、振り付けがピョンピョンしててかわいい。踊るアホだけどただのバカじゃない~は濵田さん重岡くんに、パ~ジャマ~は照史くん神山くんに歌ってほしい。どう考えてもファンサ曲になる。外周駆け巡りながらめっちゃくちゃわちゃわちゃしそう。

 

youtu.be

世界サイズの 恋にしたいなぁ クラスメイトに 自慢したいなぁ 

ってイメージ。梨沙子ちゃんのパートはやっぱり重岡くんに。“春夏過ぎて山もゆる秋~”(だいき!)ってコール入れた過ぎて死にそう。凍てつく冬も濵田さんで、いとおしい人~ロングトーンからの転調は神山くんで見てみたい。か~なた~は照史くん。あの高音を伸ばしてくれたらめちゃくちゃかっこいいと思う。

 

 

先日久々に会った友人(ジャニヲタ)に、ジャニーズWESTのファンになった話をしたら、「あ~確かにベリ好きならハマるの分かる」と言われ、そう言われてみれば確かに雰囲気似てるかも…と思ってなんとなく書き始めた記事でしたが、想像以上に楽しくなっちゃってとんでもない長文ブログが出来上がりました。私も引いています。ただこれを書いていて、どっちも本当に素敵なグループだなぁと思ったし、ファンになれて良かったなぁとしみじみ感じた次第です。オタクって楽しい~!

 

よく分からないことを喚き散らかしてしまってすみませんでした!こんなものを読んでくださった方、本当にありがとうございました!終わります!

 

 

「Vamp!Bamboo!Burn!~ヴァン・バン・バーン!~」を見た

注文していたブルーレイが届きました!VBB。去年上演されていた劇団☆新感線の舞台です。残念ながらその時はまだファンではなかったので観劇はしていないのですが、映像化される一報を聞いてからは発売されるのを今か今かと心待ちにしていました。

 

前情報もあまり入れないようにしていたので、ストーリーもよく分からず、ヴァンパイアが出てくることと神山くんの役名が蛍太郎だということだけはなんとな~く知っていて。なので今から完全に勢いだけで感想を殴り書きますが、めちゃくちゃ薄っぺらいことしか言いません(笑)でもこのよく分からない高揚感をなんとか残しておきたくて、必死にキーボードを叩いています。ネタバレしまくってるかと思うので、まだ見ていない方はお気を付け下さい!

 

まず始まって一番最初に思ったことは、ヴァンパイアは?ということ。前述した通りあ~なんかヴァンパイアの話なんだな~中世ヨーロッパとかそんなんかな~斗真くんお美しいから絶対似合うよな~ぐらいの認識だったので、いきなりの和装(しかも竹取物語)にしょっぱなから頭が大混乱。ヴァンパイアはっ!?

 

そして容赦なくぶち込まれる不条理ギャグ(すごい好き)。あっけにとられましたが、作・宮藤官九郎の文字を見て1人納得、クドカンならしょうがない。何を隠そうクドカンのドラマ大好きなんです。名作、木更津キャッツアイが私とクドカン作品との出会いでした。そんなことはどうでもいいですね。話を戻します。

 

平安のやさ男・藤志櫻はかぐや姫に恋するも、思い届かぬまま不死身のヴァンパイアになる。時は2016年東京。ビジュアル系ロックバンドのヴォーカリストTOSHIROとして活躍するヴァンパイアはついに、愛する女の生まれ変わりに出会うのだが…。新感線流ゴシックロマンの行きつく先は、ホラーか?ラブストーリーか?爆笑コメディーか?世紀を駆け抜けるヴァンパイア伝説を目撃せよ。

 

そんな、考えるな。感じろ。と言わざるをえないストーリー。初見は?しか頭に浮かばなかったけど、今なら分かる。まさにクドカン節炸裂。終始めちゃくちゃで、ジェットコースターのように話が二転三転どころか五転ぐらいして、大丈夫?これ着地する?着地点全く見えないけどいける?と途中若干不安になりつつ、それでもテンポよく織り込まれるギャグと、ド派手な殺陣、目まぐるしく変わる場面転換などなど、本編は186分あるんですが全く飽きることなく楽しめました。むしろもう終わった!?ぐらいの感覚。ミュージカルや演劇は好きで割と見るんですが、その感覚とはまたちょっと違った気がして……ショー的要素が盛りだくさんだったからかな?すごく最高のエンターテインメントだと思いました。DVDで見てこれなんだから、実際見たらも~~~っとすごかったんだろうな…。

 

 

あととりあえず言いたいのが、生田斗真様のビジュアル美し過ぎないですか???びっくりした。186分終始美しい。ツッコんでても変顔決めてても消しきれない美しさ…。平安の貴族の衣装もビジュアル系の衣装もとんでもなく似合う。ヴァンパイアになった斗真くんはちょっとトート様のようで(エリザベート)、美しい人間がああいうちょっと浮世離れしたお召し物を召されるとどこか耽美的な雰囲気になるんだなと思いました。あ~美しかった。あんな美しいものを見続けて眼球無事なのが奇跡。

 

 

ビジュアルでいうと、小池栄子さんと中村倫也さんもびっくりするほど綺麗だった。小池さんのお顔が元から好きなタイプの顔っていうのもありますが、小さいお顔に大きな目に黒髪ボブ、抜群のスタイルでアクションもこなすってかっこよすぎやしません?小池栄子が看護師の病院、理由付けて永遠に退院しないわ。中村さんは中世的な雰囲気で、最初に出てきたときから美しいって思ってたけど、その後の女装は度肝抜かれた。可愛いし似合いすぎていて本気で全然全く気付かなかった。歌も上手でダンスもキレッキレ。京次郎さんに会えるホストクラブはどこですか。すいませ~~~んシャンパンお願いしま~~~す!!!!

 

 

高田聖子さんの演技がものすごく好きな話とか、ジャンボタクシーが個人的ツボ過ぎて死にそうになった話とか永遠に書いていられそうなんですが、恐ろしいことに肝心の神山くんについてまだ一言も触れていないことに気づきました。やっべ終わる気がしない。

 

神山くんの舞台の演技をまじまじと見たのは、これが初めてです。どうやら初めての外部舞台で、神山くんにとってとても大きな出来事であったということはなんとなく知っていました。でもびっくりした。ものすごく堂々としてから。神山くんは若くて、ジャニーズで、キラキラしているからこそ、蛍太郎くんという役がしっくりきていたし、あんなに場数を踏んだそうそうたる役者さんたちの中で、そのある種の異物感がすごく面白さを引き立てていたなぁと思いました。求められているであろうことを受け取って、それを体現することってそうそう出来ることじゃないと思うけど、持ち前の器用さでソツなくこなしてるなって印象で。でもそこに行きつくまで、私が見て、神山くんは器用だからなんでもできちゃうな~って思うくらいそれを自然に出来るようになるまでに色々な葛藤があっただろうし、大変なことも思い悩むことも沢山あったんだろうけど、それを乗り越えて全公演駆け抜けたという経験は神山くんにとって間違いなく大切な大切な財産になったんだろうなぁ。千秋楽の挨拶、すごくジーンときた。斗真くんがメイキングで神山くんについて少しお話していたけど、その気持ちはきっと伝わってるんじゃないかなと思います。

 

 

こんなにくそ重いことを長々と語っておいた後であれですけど、神山くんのお尻、ほんと美尻!ちっちゃい~~~!ふんどし一丁で練り歩いてて私は今何を見てるんだ…?と思ったし女性陣から迫られまくるところよくまあ笑わずにいられるなと思った。文字通り体張ってた。神山くんの自慢のお尻をブルーレイでいつでも見れる環境を手に入れてしまったの、控えめに言ってやばい。フェスでメガネ姿でにっこにこでギター弾いて歌う神山くんの破壊力もとんでもなかったし、こうして冷静になって考えるとなかなかとんでもないものを手に入れてしまったと思いました…。あとせんべい投げる時の手首のスナップのきき方ハンパなかった。その筋の職人のように投げていた。神山くんに投げられるせんべいは幸せだなぁ。

 

 

 

 

趣味はロケ地巡りです

リトルトーキョーライフの人気企画(だと私は思っている)、女オトし飯。メンバーそれぞれがデートコースを設定しゲストをおもてなしし、最終的にどちらが良かったか判定してもらうという企画ですが、おもてなししている最中の様子や各々が決めたプランに妙なリアリティーがあり、その姿を見ている我々ももれなくときめいてしまうという恐ろしい企画になっています。

割とロケ地巡りが好きなタイプですが、そんな中でもオトし飯巡りは格段に楽しい。なんせ実際に本人たちが考えたプラン、ものすごく性格が出るのです。

 

そこで私は私は声を大にして言いたい。

 

 

オトし飯巡りはいいぞ。

 

 

 

~川越編~

 

重岡くんと流星くんが対決した川越。小江戸川越とも言われ、タイムスリップしたかのような街並みはノスタルジーに浸らせてくれます。そんな川越で行われた今回の対決ですが、まず重岡くんのプラン、神か?実際回ると良さがより分かる。

 

ゲストである大久保さんをオトす!という設定で組まれたプランなんですが、痛いオタクなので全力で自分に重ねます。これが超楽しい。

 

まず最初の親子丼のお店なんですが、人気店で店内はお客さんでいっぱい。早めに行ったのでそんなに待たずに入れたのですが、お店を出る時にはもう既に列ができていました。そんなお店で人気メニューな親子丼。もうビジュアルでテンションが上がる。これを重岡くんが調べてくれたという事実がだいぶやばいですが、もちろん味も絶品でした!初めての川越でこんなところ連れてこられたら軽率に落ちるなと思いましたが、まだまだ序の口です。

 

次の和菓子屋さんはいわゆる川越!というような蔵作りの街並みから少し外れたところにあります。ゆったりと街並みを見ながら歩いたりするんだろうか…そもそもこんなひっそりとしたお店案内されたら通すぎてかっこいい…などと頭を抱えながらお店に向かうと、ありました。立派な和菓子屋さんで、玄関にドーン!と置いてあるうさぎの置物が目立っていたけどいつもあるのかな?手軽な値段で買えるいもクリームどら焼きはふわふわで、おいも感もありつつ生クリームのなめらかさがとても合っていて、すごく美味しかったです~!店内にスペースがあるので、ゆったり座って食べることもできます。いやもう好きになってる。むしろ序盤でオトされている。がしかし容赦なくプランは続きます。

 

続いては日本酒。お酒が好きな大久保さんの為にお酒を用意するという配慮、素晴らしすぎませんか???出来る男はちげえや…。利き酒が出来たので、大久保さんが飲んでいた斗瓶取り雫酒を頂きました。めちゃくちゃおいしいし、飲みやすい。ほんとにさっぱりしてる……。ですが、度数は16度ぐらいあったので苦手な方にはちょっと大変かもしれません。

 

そして鰻重のお店。残念ながら時間が無くて行けなかったのですが、めちゃくちゃおいしそうでしたよね…。最後の最後に鰻重、特別感あって最高。

 

対する流星くん、また重岡くんとは全然違った攻め方ですごく良くて…!川越といえば食べ歩き、というぐらい食べ歩きグルメが沢山あるんですが、流星くんが選んだのはいも恋。シンプルに芋!と言われていましたが、まさにシンプルに芋(笑)お芋の甘さとあんこ、そしてもちもちした生地が絶妙で、これを食べ歩きは絶対楽しいな~と思いました。

 

その後選んだものはねこまんまおにぎり。正午から数量限定で販売されている人気のグルメです。数量限定ってだけでなんだかテンションが上がるし、女子は限定に弱いんだ…。かつおぶしはどう頑張っても多少は風に舞いますが、気にせずかぶりついてください。美味しい。シンプルな味付けなのにどんどん食べてしまいます。食べ歩きグルメ中心の流星くんは会話を大事にするタイプなのかなと回ってて思ったり。

 

その後!着物に着替えて観光。着物って着るだけで背筋が伸びるし、普段とは違う特別感も演出されてどう考えてもときめきます。着物の色選びあうとか絶対楽しいやつだし、流星くんは乙女心が分かってる。その後の神社へのお参りも着物に着替えてお参りに行くっていう流れがスマートすぎて粋~~~!!!ってなりました。しかも縁結び。流星くんのプランはとってもスマートで無駄がない…。あの釣れるおみくじもアトラクション感あって2人でやったら楽しいだろうな~と思いました。悲しいかな勝負には負けてしまいましたが、私は流星くんのプラン、相手の事を一番に考えていてとても素敵だと思います。

 

 

~横浜編~

 

言わずと知れた観光地横浜。街並みがひたすらオシャレで田舎者の私は駅に着いた瞬間気後れしましたが、私には巡礼という使命があるのだ…。

 

ということでまずは流星くんのプランから。オムライスを食べていたカフェに。少し早く着いたのにも関わらずもう並んでいる方々が。普通の席ももちろんありますが、今回は流星くん達が座っていた靴を脱いでくつろげるタイプの席を希望しました。こんなにくつろいでご飯を食べるなんて新鮮すぎて、こんなところ連れてきてもらったらオシャレ空間すぎて全く免疫がないから一回意識飛ぶと思う。オムライス食べよ~!と思ってたのですが、しかし。オムライス、ランチじゃ食べれなかった…。確か14時からのメニューらしいです。完全なるリサーチ不足。そこだけはちょっと失敗だったかな~。

 

続いてはスイーツ。アメリカ西海岸では定番のパイの専門店!行列が絶えない人気店で、ランチのパイ食べ放題が大人気だそうですが、私が食べたいのはスモアパイなんだ…。17時から食べられるみたいです。めっちゃくちゃ甘い。美味しい。けど甘い。糖分取ってる感じする~!と大久保さんが仰ってましたがまさにその通り。ブイヤベースのポットパイも食べたかったんですが、どう頑張っても食べ切れる気がしなかったため今回は諦めることに。

 

そしてランドマークタワー!横浜と言えば!というイメージだったので、登れて良かったなぁ。横浜の夜景、とんでもないですね…。どこまでもどこまでも明かりが続いていて、幻想的で本当に綺麗でした。そんな夜景を二人占めできるペアシートを押さえておく流星くん、控えめに言ってやばい。好きになるなって方が無理。好きです(錯乱)

 

 

今回のプラン、流星くんはみなとみらいという街とめっちゃくちゃ相性良いです。存在がオシャレな流星くんとオシャレな街みなとみらい、最&高。流星くんが組んだプランだと思って回ると、もうこれでオチない女なんているのかよって感じ。上手に流行りを取り入れていていて、女の子は絶対好きだよね~!って感じのプラン。よって破壊力がとんでもないことになっています。

 

 

対する濵田さん。流星くんとはまた違う、ほのぼのとしたプランになります。まずは中華街へ。ランチは人気の中華料理屋さん。さすがの人気で沢山の人が並んでました。横浜という土地柄おしゃれなお店はたくさんあるけど、あえて肩肘張らない中華料理屋さんっていうのがすごく濵田さんらしいなぁと思う。ここの看板メニュー、水餃子を頂きました。本当に美味しくて!10個入ってたんだけどいつの間にかなくなってたし、特製のタレがまた美味しい…。あの餃子を食べにまた中華街に行きたいぐらい、個人的にはヒットでした。

 

そしてそのまま中華街の、熱杏仁豆腐が食べれるお店へ。冷たい杏仁豆腐に温かいミルクがかかったスイーツ。新感覚!ペロッと食べられちゃいます。優しいお味で、なんだかホッとしました。いつも賑やかな中華街ですが、これを頂いている間はなんだか穏やかな時が流れたような気がします。このプラン巡り、あぁなんかこれ選んだのなんとなく分かるかも、ってなるタイミングが何回もあって。全然飾らないけど、すごく心地いい。らしいなぁって思う。濵田さんのプランに詰まってるものは優しさだなぁ。

 

最後はプロジェクションマッピング。ドッグヤードという船の造船所だった所で行っているそうで、横浜の昔から今を巡るというテーマだそうです。これ、見るためには整理券が必要なんですが、中華街に行く前に濵田さんがこっそり整理券を取っておいてくれて、帰り際サプライズで誘ってくれたらもう一瞬で落ちるだろうな、というような妄想を繰り広げて1人でダメージを負いました笑ってください。肝心の本編、とっても感動しました。スケールの大きさに終始圧倒されっぱなしで、プロジェクションマッピング自体まともに見たのが初めてだったので完全に世界観にのまれました…。想像よりずっと壮大な仕掛けだったのでこれが無料で見られるって個人的には衝撃なんですが、横浜ってとんでもない街だな…。

 

同じ町を巡るという設定でプランを立てたのにも関わらず、人によりこうも違うかオトし飯!その違いを肌で感じながら美味しいご飯を食べれて、普段では行かない街に観光もできて、めっちゃくちゃ楽しんで巡っています。是非とも全メンバーのオトし飯が見たい。そしたらまた、ふらっと巡礼しちゃうんだろうな~!

 

 

 

 

 

 

 

 

花屋の神山くん

おはこんちばんは。いかがお過ごしでしょうか。突然ですが大貧乏のファンミーティングでフラワーアレンジメント対決をする神山くんを見てからというもの、お花屋さんの神山くん妄想が止まりません助けてください。自分でも今更感が半端ではないですが、ここに吐き出すことでこの思いを成仏させようかと思います。とってもしょうもないです、それでもいいという寛大な方は読んで見てください。

 

 

神山くんの朝は早い。毎朝市場に花を買い付けに行く為、4時5時起きが基本なので開店の準備をしているときはさすがに眠たそう。でもお店が始まる頃にはすっかりお仕事モードに。

地域密着型の小さなお花屋さん。佇まいからしてかわいらしいお店で、人柄と細かい気配りが評判を呼び地元の方々に大人気。常連さんによくお菓子とか貰っている。その度にナイスリアクションで常連さんたち大喜び。またもらう。

(`-´ )「うわぁ、やっば!いいんですか?いつもありがとうございます!いただきます~!」

大きな木を運んだり、鉢を運んだり意外と肉体労働なので意外と筋肉ががっつり。着やせするタイプなので普段は分からないが、夏場は腕まくりしがちなので腕の筋肉が露わになり、いつもニコニコのかわいらしいお顔とのギャップで無自覚マダムキラーに。そしてまた花が売れる。

 

アレンジメントの鬼。特に色彩感覚に関しては抜きんでていて、かわいいと女性客に大好評。男性が告白の時に神山くんのアレンジメントを手渡すと恋が叶うという噂もまことしやかに囁かれている。渡す相手やその時のシチュエーション、花言葉の意味などこだわりが詰まりに詰まったアレンジメントを生み出している。その為誰に送る花か、どういう気持ちで渡すのかお客さんに事細かに聞くので、恋愛がらみの注文の時はいつのまにか恋バナになっている。話を聞きながらすっごく楽しそうに作ってくれる。

 

 (`-´ )「えぇ!?お兄さん今日プロポーズするんですか!?なんか俺まで緊張してきてんけど…!え、頑張りましょ!絶対大丈夫ですって!全力でやりますんで!」

 

母の日とかも子どもがたくさん来てくれるから好き。自分の作ったアレンジメントを見てお客さんが笑顔になる瞬間に喜びを感じるそう。

 

 

仕事に生かしたいといくつもの資格を取っている努力家。時間さえ頂ければお花でテディベアとか普通に作る。お店の規模的に今はやっていないが、いつかはスタンドフラワーにも挑戦したいと思っている。

花を愛している。もはや自分の子どもだと思っているらしい。朝、準備中に花に語りかける姿を度々目撃されており、そのなんともいえぬ可愛らしさにノックアウトされるお客様が多数。

配送も承っており、運転時には度有りの眼鏡を着用。中々見れないレアな姿のため、眼鏡姿の神山くん見たさにわざわざ配送にしてしまうお客様もいるとかいないとか。

 

 

髪色がコロコロ変わる。普段はお店のロゴ入りの緑のエプロンに、ラフなTシャツにジーンズ等の汚れてもいい動きやすい服装だが、スニーカーは奇抜なものが多め。ここだけは譲れないこだわりらしい

水仕事も多く手が荒れがちなため、ハンドクリームに対する知識量がものすごく、季節によって使い分けている。たまにお客様におすすめのハンドクリームを勧めたりすることも。

(`-´ )「冬はどうしても乾燥しますもんね~…○○ってとこのハンドクリーム、めっちゃしっとりするんですけど全然べたつかないんでほんまおすすめなんすよ~!」女子力。

 

 

思いついた順にだらだらと書いていきました。CHO‐楽しかった!

神山くんがやっているお花屋さんがもし近所にあったら通ってしまうだろうし、近所じゃなくても通ってしまうと思います(笑)

アレンジメントもものすごく素敵だったので(あんなの女の子全員好き)、また何かの機会にアレンジメントしてほしいなぁと思います。

読んでくれた方、どうもありがとうございました!成仏!